エアコン取り付け料金

エアコン取り付け料金を一番安くしてもらう簡単な方法とは!?

私は以前、エアコンの取り付け業務をしていたので、内部情報も含め取り付け料金を一番安くさせる方法を教えますね。

 

まず、業者を選ぶポイントとして重要なのが値段技術アフターケアの3つです!

 

この3つが揃っていればまず安心してエアコン取り付けを依頼しても問題ないです。

 

全国展開していて、この3拍子が揃っているのはここだけですね!

 

※詳細はここから確認できます エアコン取り付け工事.net/

 

無料で見積もりが出せるので、出してみてください。
私が知る限りエアコン取り付け料金が一番安いところです。

 

 

エアコン取り付けの際のトラブル

 

エアコン取り付け料金は工事を行う会社によって料金がバラバラですね!
ネットでエアコン取り付け業者を探していても、沢山いるのでどこでお願いして良いのか迷ってしまいます。

 

eakon

 

最近良く聞く話では、エアコン取り付け後のトラブルがあります。
配管やエアコン本体からの水漏れや…変な音が出だした…などなど。。

 

アフターケアがないとこのようなトラブルの場合、自費で治す事になってしまいます。

 

エアコン取り付け料金が安いからといって、何も考えずお願いしてしまうケースに多いですね!

 

エアコン取り付け工事は、ちょっとした知識があれば誰でも付けることは可能だと思います。
でも、ガス漏れの心配や穴開けに関しては、プロに勝る人は殆どいません。

 

エアコンを斜めに取り付けしてしまった…エアコンの効きが悪い…
自分で取り付けるとこのようなトラブルを招きやすいので、辞めたほうが良いでしょう。

 

 

エアコン取り付け後の保証の重要性

 

工事保証が付いてるだけで、依頼する私たちの安心感は全然変わりますよね!

eakon

実際に私が以前工事した時の話なんですが、新品のエアコンを取り付け後、
冷房の効きが悪い…とのクレームが入ったんです!

 

何かミスをしてしまったかなぁ…と思いながら点検にいくと
特に問題が見当たらない…
そこでメーカーに問い合わせたところ初期不良の疑いがあるとの事でした。

 

私は、お客さんとメーカーの間に入り商品交換をしてもらって
再度、エアコンを取り付ける事にしました。
もちろん最初の取り付け料金以外に料金は受け取っていません!

 

でもお客さんには本当に感謝され、やりがいのある仕事だったのを覚えています♪

 

もし悪徳業者なら…

私が悪徳業者だったとしたら、取り付け料金を2度徴収したことでしょう…
頼んだお客さんにとって、これほどの損はないと思います。

 

ちょっと長くなりましたが、工事保証の重要性はそういうところにあるのです!

 

eakon

 

技術が高いスタッフが信頼できるカギ

eakon

自宅にスタッフを招いて、エアコンの取り付けをしてもらうわけなので
工事スキルの高さには十分注意しましょう。

 

電気屋さんに頼むのもありだと思いますが
、エアコン専門のプロではないので
個人個人の技術の高さにかなり差があると思ってください。

 

中にはエアコンの取り付けは苦手なんだぁ…
なんて人もいます(実話です)

 

万が一、そういうスタッフに当たった場合トラブルの元になるので
技術に信頼できるスタッフが集まった業者を選ぶ事が大切ですよ!

 

基本的に工事保証が付いている業者はエアコン取り付け技術が高く
自信がある証拠なのでプロとして信頼して良いでしょう!

 

eakon

 

エアコンのプロは料金が高いんじゃないの?

 

どこの会社も一緒だと思うんですが、技術が高いサービスは一般的な値段より高いですね。

 

私が以前にエアコン取り付け業務をしていた時も、殆どの人に料金交渉されたのを覚えています。
やっぱり費用は安く抑えたいんですよね!

 

そこで、その願いを叶えてくれるエアコン業者さんがあったので、私はオススメしています。
相場よりも安く、工事保証が付いていて工事スキルが高くて一番信頼できるところです!

 

eakon

eakon

 

まずは無料見積もりで、エアコン取り付け料金を簡単に知ることができるので
出してもらいましょう!対応も早いので急いでいる人にもピッタリですよ♪

 

さらにエアコン取り付け料金を安くする方法

もし、そのエアコン取り付け料金で満足がいかない場合は
見積もりで出してもらった金額を元に、他の業者に交渉しても良いと思いますよ!
個人店などは、話を聞いてくれるかもしれませんし、上手くいけば料金を下げることができます!

 

6月〜7月は繁忙期になるので、取り付けを考えてる方は早めが良いですよ♪
ではでは、以上を元に参考にしてみてくださいね!

 

eakon